プロフィール

香港株商人

Author:香港株商人
中国株暦15年超の香港株商人です。

中国株投資で大きな資産を築きました。

中国株で「儲ける」事を主眼に置きブログで中国株の情報発信をしています。

★★★さらに詳細でリアルタイムな中国株限定情報をブロマガ発信していますのでブロマガも併せてお願いします★★★

Twitterでも情報発信しています。
こちらはブロマガ購読者様限定アカウントになります。


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

香港株商人twitter
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログは、投資助言を目的とした物ではありません。 当ブログは不特定多数の方への投資情報提供を目的としており、 投資顧問業者ではありません。 よって、個別の投資助言に該当する行為は一切行っておりませんので、 メール等での投資判断に関する個別回答は一切しておりません。 あくまでも私個人の見解から見た中国株情報をお伝えする目的のブログです。 投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものでは一切ありません。 投資商品や銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定については、 ご自身の判断で完全に行うようにお願いします。 当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、 その情報源の確実性を保証するものではありません。 当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、 当方は一切の責任を負いません。 投資判断は完全に自己責任の下で行ってください。
  
2366

頭を「ガチャリ」と切り替え「滬港通の爆弾」無事回避出来ました?

中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。しかし蓋を開けてみれば酷かったですね~、滬港通・ストックコネクト。中国株投資家の皆様、ストックコネクトの直撃弾くらう事無く逃げ切れたでしょうか?そうですね。滬港通・ストックコネクトの直撃弾と言えば、まず真っ先に思い浮かぶのが、A-H価格差を狙った投資戦略。これ、滬港通開始と同時に絨毯爆撃をくらい全滅状態。※参考銘柄 浙江世宝(01057) 山東墨龍石油機械... 中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">しかし蓋を開けてみれば酷かったですね~、滬港通・ストックコネクト。</span><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/bloodoverwater_sm.jpg/" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/bloodoverwater_sm.jpg" alt="bloodoverwater_sm.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /><br />中国株投資家の皆様、<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">ストックコネクトの直撃弾</span></span>くらう事無く逃げ切れたでしょうか?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そうですね。<br /><br />滬港通・ストックコネクトの直撃弾と言えば、<br /><br />まず真っ先に思い浮かぶのが、<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">A-H価格差を狙った投資戦略</span></span>。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />これ、<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">滬港通開始と同時に絨毯爆撃をくらい全滅状態。<br /></span></span><br /><span style="color:#9900FF">※参考銘柄 浙江世宝(01057) 山東墨龍石油機械(00568) 東北電気発展(00042) </span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />当中国株ブログでは、当然<span style="color:#990000"><span style="font-size:large;"><u>滬港通開始以前に終わった投資戦略</u></span></span><br /><br />としてお伝えしていた案件ですので、<br /><br />当中国株ブログ読者の皆様でこの直撃弾に当たった方はいらっしゃらないでしょうが、<br /><br />ここまで引っ張ってしまった投資家の方は、さぞ恐ろしい目にあった事でしょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />これは既に<span style="font-size:x-large;">「終わった投資アイディア」</span>ですので、<br /><br />今後も触らない方が無難だと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />それともう1つ、<span style="color:#0033FF">滬港通投資案件としてお伝えしていた「証券セクター(証券取引所含む)」への投資。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />こちらも、<span style="color:#0099FF"><span style="font-size:x-large;">滬港通開始日の朝</span></span>お伝えしたように、<span style="color:#0000FF">一旦は投資案件としては終了</span>です。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />17日、18日連続で大きく売り込まれ、こちらも<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-2358.html" title="あのタイミングでの判断">あのタイミングでの判断</a></u>は妥当だったと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#009900">こちらについては、<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">一旦</span></span>と言う文字がついている通り、<br /><br />中国株の投資案件として完全に終わったものではありません。<br /><br />そこの所は、既出エントリーでご説明させて頂いていますのでそちらをご確認下さい。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0099FF">最後に、滬港通投資アイディアの<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「本命」</span></span>としてお伝えしていた投資案件。<br /><br />こちらについては、滬港通対象銘柄であると共に、他のアイディアにも通じる投資案件ですので、<br /><br />銘柄毎、個々の判断になります。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />当中国株ブログで滬港通投資アイディアとして<span style="color:#0099FF"><span style="font-size:large;">今年4月</span></span><span style="color:#FF00FF">←完全先出しです♪</span><br /><br />にお伝えしていたものはこちら↓<br /><br /><u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-1748.html" title="★【必見】「中国株直通車」出発進行で狙い撃ちされるパターンは3通り!!!で狙い目ターゲットはコレ!!">★【必見】「中国株直通車」出発進行で狙い撃ちされるパターンは3通り!!!で狙い目ターゲットはコレ!!<br /></a></u><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ともあれ、8ヶ月の期間を経て、<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">一旦全体的に滬港通投資戦略は終了</span></span><br /><br />していますので、いまだにこの案件に期待している投資家の方は、<br /><br />早めに頭の中のチャンネルを<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">「ガチャリ!」</span></span>と切り替えた方が良いと考えます。<br />
  
1818

政策発動に即反応!香港株式市場に遅れてきた「1.2.3」

中国株、香港株投資家の皆様、中国株大きく反発しましたね~♪ このキッカケは、...... 中国株、香港株投資家の皆様、<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:large;">中国株大きく反発しましたね~♪</span></span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/6bc5a12311dbb9e2f56698976fc27418.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-65.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/6bc5a12311dbb9e2f56698976fc27418.jpg" alt="6bc5a12311dbb9e2f56698976fc27418.jpg" border="0" width="402" height="358" /></a><br /> <br /> <br /> <br /> このキッカケは、<br /> <br /> <br /> <br /> <div class="fc2blomaga_buy_wrap"> <div class="fc2blomaga_buy_area"> <div class="fc2blomaga_message">続きはブロマガを購入して楽しもう!</div> <div class="fc2blomaga_submessage"> このコンテンツはブロマガ(有料)です。<br /> 購入すると続きをお楽しみいただけます。 </div> <a href="http://blog.fc2.com/contents/blomaga/" target="_blank" class="fc2blomaga_help_link">ブロマガって何?</a> <div class="fc2blomaga_buy_btn"> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=1818" class="fc2blomaga_buy_link"> <img src="//static.fc2.com/image/ja/blomaga/user/book_icon.png" width="28" height="22" alt="" class="book_icon" /> <span>ブロマガを購入する</span> </a> </div> <div class="fc2blomaga_login"> <a href="https://secure.id.fc2.com/index.php?done=blog&amp;jump=http%3A%2F%2Fhonnkonnkabu.blog.fc2.com%2Fblog-entry-1818.html&amp;jck=25b05114c1c0422473668e16730efa1ddfa1a83b" class="fc2blomaga_login_link">FC2 IDにログインして読む</a> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga_review&from_eno=1818" class="fc2blomaga_login_link" style="margin-left:16px;">レビューを見る</a> </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> </div>
  
1752

さて、世界の株式投資家は総悲観、その空気を中国株相場が払拭出来るのか?

中国株、香港株投資家の皆様、おはようございます。 週明け、世界の株式投資家は「総悲観」っぽい空気になってきましたが、 こと中国株投資家に限って言えば、 総悲観に異論!反論!OBJECTION!! 「香港株式市場のデカップリングが本物か否か」 が試される週になる空気に否が応にも緊張感がある週明けです。...... 中国株、香港株投資家の皆様、おはようございます。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> 週明け、世界の株式投資家は<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「総悲観」</span></span>っぽい空気になってきましたが、<br /> <br /> こと中国株投資家に限って言えば、<br /> <br /> <span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">総悲観に異論!反論!OBJECTION!!</span></span></span><br /> <br /> <br /> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/queenofwinter_dribble_1x.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-65.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/queenofwinter_dribble_1x.jpg" alt="queenofwinter_dribble_1x.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">「香港株式市場のデカップリングが本物か否か」</span></span></span><br /> <br /> が試される週になる空気に<span style="color:#0033FF"><span style="font-size:large;">否が応にも緊張感がある週明け</span></span>です。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <div class="fc2blomaga_buy_wrap"> <div class="fc2blomaga_buy_area"> <div class="fc2blomaga_message">続きはブロマガを購入して楽しもう!</div> <div class="fc2blomaga_submessage"> このコンテンツはブロマガ(有料)です。<br /> 購入すると続きをお楽しみいただけます。 </div> <a href="http://blog.fc2.com/contents/blomaga/" target="_blank" class="fc2blomaga_help_link">ブロマガって何?</a> <div class="fc2blomaga_buy_btn"> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=1752" class="fc2blomaga_buy_link"> <img src="//static.fc2.com/image/ja/blomaga/user/book_icon.png" width="28" height="22" alt="" class="book_icon" /> <span>ブロマガを購入する</span> </a> </div> <div class="fc2blomaga_login"> <a href="https://secure.id.fc2.com/index.php?done=blog&amp;jump=http%3A%2F%2Fhonnkonnkabu.blog.fc2.com%2Fblog-entry-1752.html&amp;jck=efcdf1cecd2c95e5011d1dcb0a655e9d37f4cfe0" class="fc2blomaga_login_link">FC2 IDにログインして読む</a> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga_review&from_eno=1752" class="fc2blomaga_login_link" style="margin-left:16px;">レビューを見る</a> </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> </div>
  
1748

【必見】「中国株直通車」出発進行で狙い撃ちされるパターンは3通り!!!で狙い目ターゲットはコレ!!

中国株・香港株投資家の皆様、こんばんは。 いやぁ長かったですね~「直通車」実行までの道。 しかし、今回はいつもの狼少年的な「ネタ」とは違い、 一国の首相で国務院率いる「李克強首相のGoサイン」ですから確度が違います! ※香港証券取引(00388)は早速今件で二度目の売買停止です。 本格実施までは、規模や制約など様々な制限が掛けられるのですが、 この上海証券取... 中国株・香港株投資家の皆様、こんばんは。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> いやぁ長かったですね~<span style="color:#0099FF"><span style="font-size:x-large;">「直通車」</span></span>実行までの道。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> しかし、今回はいつもの狼少年的な<span style="color:#990000"><span style="font-size:x-large;">「ネタ」</span></span>とは違い、<br /> <br /> <span style="color:#009900">一国の首相で国務院率いる<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「李克強首相のGoサイン」</span></span>ですから確度が違います!<br /> </span><br /> <span style="color:#9900FF">※香港証券取引(00388)は早速今件で二度目の売買停止です。</span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> 本格実施までは、規模や制約など様々な制限が掛けられるのですが、<br /> <br /> この上海証券取引所と香港証券取引所の相互取引「互聯互通」は、<br /> <br /> 動き出した事は確かで、その先には<span style="color:#009900"><span style="font-size:x-large;"><br /> <br /> 「シュッシュッポッポの直通車のセカイ」</span></span>が待っています。<br /> <br /> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/150462867662_WPg7S0d2_l.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-65.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/150462867662_WPg7S0d2_l.jpg" alt="150462867662_WPg7S0d2_l.jpg" border="0" width="345" height="530" /></a><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> と言う事で、「直通車」を囃した銘柄軍が総攻撃を受けたのが本日。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> 買い上げパターンとしては以下の3種類。<br /> <br /> 当ブログでは、そのパターンの中での<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「狙い目」</span></span>をお伝えしたいと思います。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <div class="fc2blomaga_buy_wrap"> <div class="fc2blomaga_buy_area"> <div class="fc2blomaga_message">続きはブロマガを購入して楽しもう!</div> <div class="fc2blomaga_submessage"> このコンテンツはブロマガ(有料)です。<br /> 購入すると続きをお楽しみいただけます。 </div> <a href="http://blog.fc2.com/contents/blomaga/" target="_blank" class="fc2blomaga_help_link">ブロマガって何?</a> <div class="fc2blomaga_buy_btn"> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=1748" class="fc2blomaga_buy_link"> <img src="//static.fc2.com/image/ja/blomaga/user/book_icon.png" width="28" height="22" alt="" class="book_icon" /> <span>ブロマガを購入する</span> </a> </div> <div class="fc2blomaga_login"> <a href="https://secure.id.fc2.com/index.php?done=blog&amp;jump=http%3A%2F%2Fhonnkonnkabu.blog.fc2.com%2Fblog-entry-1748.html&amp;jck=9b7d49e2b8c4a38db781a131096555f850962b9f" class="fc2blomaga_login_link">FC2 IDにログインして読む</a> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga_review&from_eno=1748" class="fc2blomaga_login_link" style="margin-left:16px;">レビューを見る</a> </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> </div>
  
813

中国株 今になってQDII?遅くない?

中国株投資家の皆様、こんにちは。最近QDII2の試行が発表されましたが、これは話題にもなっていません。中国株投資家の間では長い事この「QDII」信奉が続き、ニュースでQDIIの文字が躍るたび、文字通り中国株投資家も踊るといった状況が長らく続いてきました。随分前は。そうです、現在はもう殆どの中国株投資家はQDIIの文字に踊らされる事はありません。それを、今頃になって気付くようでは「遅すぎます」もちろん、当ブログでも... 中国株投資家の皆様、こんにちは。<br /><br /><br /><br /><br /><br />最近QDII2の試行が発表されましたが、これは話題にもなっていません。<br /><br />中国株投資家の間では長い事この「QDII」信奉が続き、<br /><br /><span style="color:#FF0000">ニュースでQDIIの文字が躍るたび、<br /><br />文字通り中国株投資家も<span style="font-size:x-large;">踊る</span>といった状況</span>が長らく続いてきました。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/404x40e21a8c46750b5d309bedd1a878293f.jpg/" target="_blank"><img src="//blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/404x40e21a8c46750b5d309bedd1a878293f.jpg" alt="404x40e21a8c46750b5d309bedd1a878293f.jpg" border="0" width="404" height="316" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">随分前は。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そうです、現在はもう殆どの中国株投資家はQDIIの文字に踊らされる事はありません。<br /><br />それを、今頃になって気付くようでは<span style="color:#990000"><span style="font-size:x-large;">「遅すぎます」</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />もちろん、当ブログでも過去QDIIネタは何度も取り上げ、<br /><br />すでにQDIIについて、中国株投資家の皆さんが期待している程の効果は<br /><br />期待出来ないとお伝えしていました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />今回おさらいの意味でQDIIに関する当ブログ、過去のエントリーを再度掲載しておきます。<br /><br />是非おさらいを兼ねてご覧下さい。<br /><br /><br /><br />1月16日エントリー、<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-158.html" title="QDII直通車効果、香港株商人がぶった切る!">QDII直通車効果、香港株商人がぶった切る!</a></u>より引用。<br /><br /><br /><blockquote><p><span style="color:#9900FF">香港市場にでたQDIIのニュースはどうでしょう?<br /><br />これは私はまだ怪しいと思っています。<br /><br />怪しいに語弊があれば、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />実現性が薄く実現効果も薄いと変えておきます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />本当に実現性が高く、実現効果も高いネタなら香港株は出来高を伴なって、ぶっ飛んでいるはずです!!<br /><br /><br /><br /><br /><br />元々このQDIIネタは直通車とよばれ、数年前再三話題に上がっていました。<br /><br />それを囃し、香港株市場は直通車バブルも経験しています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />直通車実現で本土投資家の資金が割安と見られていた、<br /><br />香港市場に一気に流れ香港市場が上昇する事を見込んだ<br /><br />バブルだったのですが、結局実現する事はありませんでした。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />その後、リーマンショックと香港直通車バブルの天井が重なり、皆さんご存知の大暴落です。<br /><br />香港市場が一気に暴落の嵐に襲われた事は、<br /><br />苦い思い出として記憶にしっかりと刻まれている方も多いのではないでしょうか?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そういった曰く付きのネタがQDII所謂直通車です。<br /><br />ですから、私もQDIIの文字を久しぶりに見たとき、すわ暴騰だ!とは思いませんでした。<br /><br />逆に、昨日前場に一部利益確定売りをした位ですから^^<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />現在の私の考えでは、もし直通車が実現したとしてもそれは緩やかな実現でしょうし、<br /><br />そもそも資金流入の前提である、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />割安な香港株市場に割高な中国本土株市場から資金が大量に流入するという前提が崩れています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />伝統的に高PER市場でもある中国本土市場のPERは現在、過去最低水準で推移していますし、<br /><br />香港市場は買い上げられて低PERの時期は過ぎています。<br /><br />同時上場のA/H価格差を見ても、過去はA株が割高というのが固定されていましたが、<br /><br />現在ではH株の方が割高なものも数多く、A株の方が割高というのは過去のものになっています。<br /><br /><br /><br /><br />その中で、本土投資家は香港市場への投資が解禁されて本土株を売ってまで、<br /><br />香港市場に我先にと流入してくるでしょうか?<br /><br /><br /><br /><br /><br />私の考えでは、<br /><br /><br /><br /><br />香港市場にしか上場していない優良個別企業なら物色の対象になる<br /><br /><br /><br /><br />その物色時、一時的に出来高が増えるので取引所と証券会社が儲かる<br /><br /><br /><br /><br />それ以外の物色対象は・・・・・です。</span><br /></p></blockquote><br /><br /><br /><br /><br />3月15日エントリー<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-263.html" title="QDIIと香港株商人が出来上がるまで。">QDIIと香港株商人が出来上がるまで。</a></u>より引用。<br /><br /><br /><blockquote><p><span style="color:#990000">でQDIIに戻りますが、これあれから10年以上立ちますが、<br /><br />まだネタとして出てきています。<br /><br />本日も、QDIIの制度改正で基準を緩和して投資可能な機関投資家やファンドを増やす案件を発表しています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />これ材料ではなくネタとしたのは、もう材料としては魅力的ではないからです。<br /><br />ここまでの長期間に渡って小出しに出してこられれば、<br /><br />完全実施となっても然程のインパクトは望めません。<br /><br /><br /><br /><br />今日のようにNEWSになるたびに注目はされますが、<br /><br />それはもう当時の材料とは似て非なるものと捉えています。<br /><br />ですから、皆様もQDIIを囃した煽りがあっても過度な期待はしないで冷静に捉えてみては如何でしょうか。</span></p></blockquote><br /><br /><br /><br />5月21日エントリー<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-668.html" title="中国株情報、QDII年内実施見込み">中国株情報、QDII年内実施見込み</a></u>より引用。<br /><br /><blockquote><p><span style="color:#9900FF">QDII2(適格国内投資家)について、香港中資証券業協会の会長が、<br /><br />年内の実施が可能であると表明したみたいです。<br /><br /><br /><br />「中国資本の証券会社は香港市場を比較的良く理解しているため、QDII2の投資地域として、最初に香港市場を選ぶのは望ましい」<br /><br /><br />と21日付の中国証券報が伝えています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ本日も証券株の反応はありませんし、<br /><br />香港市場の株価も反応していません。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />明日遅れて反応するかどうかは、香港市場(特に証券セクター)の動きを見て判断したいと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ今回は、今までとは違い「はっきりとした形のリーク」ですので、<br /><br />流石にある程度香港市場に「ポジティブ」に受け止められるとは思いますが、<br /><br />元々「QDII」に付いての見解は、過去何度かお伝えしている通り「限定的」と見ています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />しかし、現在の香港市場のような「上昇トレンド」中であれば、<br /><br />心理的に株価の押し上げ要因として働くとは思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ、直通車バブルに踊った2007年のような反応は「期待出来ないです」</span><br /></p></blockquote><br /><br /><br /><br /><br /><br />とこの様に、今年初めにQDIIと言う文字が飛んだ時から再三に渡り、<br /><br />「QDII」が<span style="color:#FFFFFF"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">「中国株全体を大きく動かす事は無い」</span></span></span><br /><br />と一貫してお伝えしています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />これは、これまで数々の<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">QDIIの反応を見た後</span></span>でお伝えしている事ではなく、<br /><br />中国株投資家の<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">反応がまだ見えていない今年初めの段階</span></span><br /><br />からお伝えしています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">投資情報は鮮度が命、先読みの世界</span></span>です。<br /><br /><span style="color:#0000FF">後から見た事を殊更説明しても<span style="font-size:x-large;">後出しに過ぎません</span>。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />投資は、情報の取捨選択能力こそ<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">「自らの儲け」</span></span>に直結しますので、<br /><br />ソコを意識して情報を眺めて見ては如何でしょうか。<br />
  
672

中国株、やはり空振りQDII

ブラックレイン(なんかカッコいい)のために午前中はお休みになった香港市場。黒が黄色(?)に変わった事で後場取引開始されました。なんと言っても本日は「QDII2」の反応を見定めたかったのですが、あれだけはっきりと「年内に実施見込み」とお偉いさんがリークしたにも関わらず、「完全無反応」な中国株市場でした・・・・。予想はしていましたが、「予想以上に無反応」で笑っちゃいました正直。そりゃそうですね、本当に好材... ブラックレイン(なんかカッコいい)のために午前中はお休みになった香港市場。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />黒が黄色(?)に変わった事で後場取引開始されました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />なんと言っても本日は<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">「QDII2」</span></span>の反応を見定めたかったのですが、<br /><br />あれだけはっきりと<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「年内に実施見込み」</span></span>とお偉いさんがリークしたにも関わらず、<br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「完全無反応」</span></span>な中国株市場でした・・・・。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />予想はしていましたが、<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">「予想以上に無反応」</span></span>で笑っちゃいました正直。<br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/576822314728_XmD7Ti7Q_l.jpg/" target="_blank"><img src="//blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/576822314728_XmD7Ti7Q_l.jpg" alt="576822314728_XmD7Ti7Q_l.jpg" border="0" width="430" height="297" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そりゃそうですね、本当に好材料と捉えられるなら情報がリークされる<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">前</span></span>に<br /><br />市場は反応します(所謂インサイダーな動き)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />この発言が20日で21日に伝えられたなら、<br /><br />20日には反応していないと<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「大した事無い材料」</span></span>と言えますから。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#9900FF">わかっちゃいるけど「期待したい」このココロ良く分かります、チャンチャン。</span><br />
  
668

中国株情報、QDII年内実施見込み

先程、お馴染みのQDII(2です)についてNEWSが出ていましたのでお伝えします。QDII2(適格国内投資家)について、香港中資証券業協会の会長が、年内の実施が可能であると表明したみたいです。「中国資本の証券会社は香港市場を比較的良く理解しているため、QDII2の投資地域として、最初に香港市場を選ぶのは望ましい」と21日付の中国証券報が伝えています。ただ本日も証券株の反応はありませんし、香港市場の株価も反応していません... 先程、お馴染みのQDII(2です)についてNEWSが出ていましたのでお伝えします。<br /><br /><br /><br /><br />QDII2(適格国内投資家)について、香港中資証券業協会の会長が、<br /><br />年内の実施が可能であると表明したみたいです。<br /><br /><br /><br /><blockquote><p>「中国資本の証券会社は香港市場を比較的良く理解しているため、QDII2の投資地域として、最初に香港市場を選ぶのは望ましい」</p></blockquote><br /><br />と21日付の中国証券報が伝えています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">ただ本日も証券株の反応はありませんし、<br /><br />香港市場の株価も反応していません。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">明日遅れて反応するかどうかは、香港市場(特に証券セクター)の動きを見て判断したいと思います。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ今回は、今までとは違い<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">「はっきりとした形のリーク」</span></span>ですので、<br /><br />流石にある程度香港市場に<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">「ポジティブ」</span></span>に受け止められるとは思いますが、<br /><br />元々「QDII」に付いての見解は、過去何度かお伝えしている通り<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「限定的」</span></span>と見ています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />しかし、現在の香港市場のような<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">「上昇トレンド」</span></span>中であれば、<br /><br /><span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">心理的に株価の押し上げ要因として働くとは思います。</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただ、直通車バブルに踊った2007年のような反応は<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「期待出来ないです」</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />明日の香港市場の動きを見て、どの程度<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:large;">「ポジティブ」</span></span>で<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">株価押し上げ要因</span></span>になるのか、<br /><br />判断していきたいと思います。
  
612

QDII(QDII2)「直通車」についての見解はこちらからどうぞ。

本日の中国株、またまたあの4文字が飛び込んできました(あっ5文字でした、2がお尻にくっ付きます)「QDII2]はい、これ中国株でお馴染みの使い古されたネタの進化版・・。今更、これを中国株の「ぶっ飛び材料!」などと捉えるのはアレですが・・・。一応中国株投資家にはスルーする事が出来ない方も多いと思いますので、ネタとしてお知らせしておきます。2013年の国務院の重点政策にQDII2制度の導入が位置づけられました。QDII2は... 本日の中国株、またまたあの4文字が飛び込んできました(あっ5文字でした、2がお尻にくっ付きます)<br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">「QDII2]</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />はい、これ中国株でお馴染みの使い古されたネタの進化版・・。<br /><br />今更、これを中国株の<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">「ぶっ飛び材料!」</span></span>などと捉えるのはアレですが・・・。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />一応中国株投資家にはスルーする事が出来ない方も多いと思いますので、<br /><br />ネタとしてお知らせしておきます。<br /><br /><br /><br /><br /><br />2013年の国務院の重点政策に<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">QDII2</span></span>制度の導入が位置づけられました。<br /><br />QDII2はQDIIとは少し違い、<br /><br />中国国内<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">適格個人投資家</span></span>の<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">香港株直接投資を認める制度</span></span><br /><br />と言う事になっています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">QDIIは適格国内機関投資家で2は個人投資家と捉えて良いと思います。<br /><br />まぁQDIIでもQDII2でも同じ事だと思います。(中国株を動かす燃料と言う意味で)</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />何度もQDII(直通車)に対して同じ見解を書くのもアレですので、<br /><br />以前私が書いたQDII(直通車)の記事をご覧になってください。<br /><br />QDII実施で中国株がどのように反応するのか私の見解を書いています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />たぶんこれを見て頂ければ、<br /><br />本日QDII2のネタに香港市場があまり反応しないのも、ご理解して頂けると思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-158.html" title="QDII直通車効果、香港株商人がぶった切る!">QDII直通車効果、香港株商人がぶった切る!</a></u><br /><br /><br />更に突っ込んだQDII論はこちら↓<br /><br /><br /><u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-263.html" title="QDIIと香港株商人が出来上がるまで。">QDIIと香港株商人が出来上がるまで。</a></u><br /><br />
  
265

内部要因もポジティブに!?中国株15日前場の状況。

こんにちは、15日の中国株と香港株前場が引けましたので本日の状況判断をお伝えします。今朝は高く寄り付いて順調に推移すると見ていた方は、寄り付き後のザラ場のマイナス転換で「あれ?」っとなりませんでしたか?(私も少しあれ?っとなりました^^)先程前場終了時の上海総合指数は1.6%の上昇。香港市場は0.8%位の上昇で引けています。出来高は375億香港ドルでした。前場引値だけみると外部要因がよかったから上昇したんだ... こんにちは、<br /><br />15日の中国株と香港株前場が引けましたので本日の状況判断をお伝えします。<br /><br /><br /><br /><br /><br />今朝は高く寄り付いて順調に推移すると見ていた方は、<br /><br />寄り付き後のザラ場のマイナス転換で<br /><br /><br /><br /><span style="color:#990066">「あれ?」</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />っとなりませんでしたか?(私も少しあれ?っとなりました^^)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />先程前場終了時の上海総合指数は1.6%の上昇。<br /><br />香港市場は0.8%位の上昇で引けています。<br /><br />出来高は375億香港ドルでした。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />前場引値だけみると外部要因がよかったから上昇したんだなと<br /><br />見えますが、本日はそれプラス<span style="color:#FF0000">内部要因がポジティブに振れています。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">QDIIですね。</span></span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />中国証券監督管理委員会がQDIIの制度を改正し、<br /><br />QDII資格の申請基準を緩和して更なるQDIIの進捗を進めていく旨を発表しています。<br /><br />さらに、2013年の上半期にもQDII2が導入されるかもしれないという証券関係者の発言も出ています。<br /><br /><br /><br /><br />これまた、タイミング良く2つでましたね(証券関係者の思惑を感じます)<br /><br />ですが、QDIIでは中国本土には好影響はありません。<br /><br /><br /><br /><br />本土が上昇したのは、QFIIでの資金流入の思惑が広がったみたいです。<br /><br />          ↑<br />      これ完全にこじつけですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />QDIIネタが出たのでQFIIネタを絡めたみたいな。<br /><br />まぁとにかく中国株はそのネタで上昇。<br /><br />香港市場もチャートポイントを守れてますので良しとしましょう。<br /><br />(H株はもう少しで回復)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF0000">実際のQDIIについての私の見解</span>は<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-263.html" target="_blank" title="こちらにアップ">こちらに詳しくアップ</a></u>してますので、<br /><br />ご参考にしてみてください。<br /><br />
  
263

QDIIと香港株商人が出来上がるまで。

このエントリーでは、QDII(直通車)について私の見解を述べると共に、 私、香港株商人がどのようにして中国株で大きな資産を築くことが出来たのかを 過去に遡り触れてみたいと思います。 時は遡る事10数年前・・・・・...... このエントリーでは、QDII(直通車)について私の見解を述べると共に、<br /> <br /> 私、香港株商人がどのようにして中国株で大きな資産を築くことが出来たのかを<br /> <br /> 過去に遡り触れてみたいと思います。<br /> <br /> 時は遡る事10数年前・・・・・<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <div class="fc2blomaga_buy_wrap"> <div class="fc2blomaga_buy_area"> <div class="fc2blomaga_message">続きはブロマガを購入して楽しもう!</div> <div class="fc2blomaga_submessage"> このコンテンツはブロマガ(有料)です。<br /> 購入すると続きをお楽しみいただけます。 </div> <a href="http://blog.fc2.com/contents/blomaga/" target="_blank" class="fc2blomaga_help_link">ブロマガって何?</a> <div class="fc2blomaga_buy_btn"> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=263" class="fc2blomaga_buy_link"> <img src="//static.fc2.com/image/ja/blomaga/user/book_icon.png" width="28" height="22" alt="" class="book_icon" /> <span>ブロマガを購入する</span> </a> </div> <div class="fc2blomaga_login"> <a href="https://secure.id.fc2.com/index.php?done=blog&amp;jump=http%3A%2F%2Fhonnkonnkabu.blog.fc2.com%2Fblog-entry-263.html&amp;jck=740ed1da33b283386b70a73c9ec5d6183f50525a" class="fc2blomaga_login_link">FC2 IDにログインして読む</a> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga_review&from_eno=263" class="fc2blomaga_login_link" style="margin-left:16px;">レビューを見る</a> </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> </div>
  
158

QDII直通車効果、香港株商人がぶった切る!

中国株、香港株、1月15日のまとめです。ハンセン指数       23381.51     -31.75     -0.14%H株指数          12006.82     +3.07     +0.03%レッドチップ         4690.98     -24.19     -0.51%売買代金         750億8900万香港ドル 上海総合指数       2325.68     +13.94     +0.60%15日の中国株市場は... 中国株、香港株、1月15日のまとめです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ハンセン指数       23381.51     -31.75     -0.14%<br /><br />H株指数          12006.82     +3.07     +0.03%<br /><br />レッドチップ         4690.98     -24.19     -0.51%<br /><br />売買代金         750億8900万香港ドル<br /> <br />上海総合指数       2325.68     +13.94     +0.60%<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />15日の中国株市場は本土が上昇、香港はトントンでした。<br /><br /><br /><br /><br />ですが、私は香港市場の場味の変化を感じて少し利益確定に動いたのは、<a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-157.html" target="_blank" title="前エントリー"<u><u>前エントリー</u></u></a>の通りです。<br /><br />結局、香港市場は後場一旦下げた後、トントンまで戻しましたので結果的に<br /><br />昨日は天井ではなかったのですが、<br /><br /><span style="color:#FF0000">一部利益確定売りを出したタイミングとしては悪くないと満足しています。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />香港が戻したのは、上海総合指数が持ち直して上昇したのが大きな要因ですが、<br /><br /><span style="color:#FF0000">内実は結構違う</span>と考えます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />中国本土市場が強いのは前日ニュースに出たQFII報道が好材料として、<br /><br />15日も引き続き好感されていたからだとおもいます。<br /><br /><br /><br /><br /><br />これはQFIIの投資枠の大幅な拡大で、<br /><br />さらに中国本土株式市場への資金流入が増える事になりますし、<br /><br />市場の流動性も高まる事になります。<br /><br />長期的には、海外投資家の参入が増える事で、<br /><br />中国企業も海外投資家目線でコンプライアンスの強化をしていかないといけない事になります。<br /><br /><br /><br /><br /><br />そうなれば、これまでの中国企業独特の悪習は徐々に無くなる事が期待できます。<br /><br />決算内容などもより正確な情報になってくるのではないでしょうか。<br /><br />その流れについていけない企業は株式市場から淘汰される事になります。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#00FF00">その結果、閉ざされた鉄火場的な中国本土市場は生まれ変わり、<br /><br />先進国の株式市場に並ぶ信頼性のある市場になるのではないでしょうか。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />そうなれば、世界有数の中国市場(人口)を抱える中国株式市場は、<br /><br />質量共に世界有数の株式市場になり、さらに株式市場の拡大が進むでしょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">開かれた中国株式市場の誕生です。</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そうはいっても、一筋縄ではいかないのが中国です。<br /><br />そうなるためには相当な時間と紆余曲折があるでしょうし、<br /><br />途中で政権の考えがガラリと変化したり、人民の不満爆発などで事件がおこれば、<br /><br />株式市場から一気に資金が流出する可能性もあります。<br /><br /><br /><br /><br />今回ニュースに出たQFIIの拡大が実現したとしても、<br /><br />それはその壮大な道の第一歩ではないでしょうか。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ともあれ、短期的には、QFIIの実現性が高い事が中国本土市場に好感されているのは間違いないです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />逆に、香港市場にでたQDIIのニュースはどうでしょう?<br /><br />これは私はまだ怪しいと思っています。<br /><br />怪しいに語弊があれば、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#0000FF">実現性が薄く実現効果も薄い</span></span>と変えておきます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">本当に実現性が高く、実現効果も高いネタなら香港株は出来高を伴なって、ぶっ飛んでいるはずです!!</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />元々このQDIIネタは<span style="font-size:x-large;"><span style="color:#00FF00">直通車</span></span>とよばれ、数年前再三話題に上がっていました。<br /><br />それを囃し、香港株市場は直通車バブルも経験しています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />直通車実現で本土投資家の資金が割安と見られていた、<br /><br />香港市場に一気に流れ香港市場が上昇する事を見込んだ<br /><br />バブルだったのですが、<span style="font-size:large;">結局実現する事はありませんでした。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />その後、リーマンショックと香港直通車バブルの天井が重なり、皆さんご存知の大暴落です。<br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#3300CC">香港市場が一気に暴落の嵐に襲われた</span></span>事は、<br /><br />苦い思い出として記憶にしっかりと刻まれている方も多いのではないでしょうか?<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />そういった曰く付きのネタがQDII所謂直通車です。<br /><br />ですから、私もQDIIの文字を久しぶりに見たとき、すわ暴騰だ!とは思いませんでした。<br /><br />逆に、昨日前場に一部利益確定売りをした位ですから^^<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />現在の私の考えでは、もし直通車が実現したとしてもそれは緩やかな実現でしょうし、<br /><br />そもそも資金流入の前提である、<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">割安な香港株市場に割高な中国本土株市場から資金が大量に流入するという前提が崩れています。</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />伝統的に高PER市場でもある中国本土市場のPERは現在、過去最低水準で推移していますし、<br /><br />香港市場は買い上げられて低PERの時期は過ぎています。<br /><br />同時上場のA/H価格差を見ても、過去はA株が割高というのが固定されていましたが、<br /><br />現在ではH株の方が割高なものも数多く、A株の方が割高というのは過去のものになっています。<br /><br /><br /><br /><br />その中で、本土投資家は香港市場への投資が解禁されて本土株を売ってまで、<br /><br />香港市場に我先にと流入してくるでしょうか?<br /><br /><br /><br /><br /><br />私の考えでは、<br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">香港市場にしか上場していない優良個別企業なら物色の対象になる</span></span><br /><br /><br /><br /><br />その物色時、<span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">一時的に出来高が増えるので取引所と証券会社が儲かる</span></span><br /><br /><br /><br /><br />それ以外の物色対象は・・・・・です。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />もし直通車期待の買いを入れる場合、<br /><br />皆さんその辺を、よく考えて見るのも良いのではないでしょうか。<br />
  
156

香港株QDII???中国株QFII??? 期待感で中国株大幅反発!

中国株、香港株、1月14日のまとめです。ハンセン指数      23413.26     +149.19     +0.64%H株指数         12003.75     +161.16     +1.36%レッドチップ        4715.17     +49.74     +1.07%売買代金        775億3400万香港ドル 上海総合指数      2311.74     +68.74     +3.06%14日は上海総合指数が久々に大き... 中国株、香港株、1月14日のまとめです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ハンセン指数      23413.26     +149.19     +0.64%<br /><br />H株指数         12003.75     +161.16     +1.36%<br /><br />レッドチップ        4715.17     +49.74     +1.07%<br /><br />売買代金        775億3400万香港ドル<br /> <br />上海総合指数      2311.74     +68.74     +3.06%<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />14日は上海総合指数が久々に大きく上昇して中国株市場を牽引しました。<br /><br />軽い押し目を挟んで、綺麗に反発していますので非常に形が良くなりました。<br /><br />出来高も上海、シンセン両市場で2400億元を超え大活況の一日となりました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />香港市場も、好調な本土市場を横目に底堅く推移し上昇しています。<br /><br />目立った動きとしては、香港上場の証券セクターが大きく上昇しています。<br /><br /><br /><br /><br />これは、場中に中国当局が<span style="font-size:x-large;"><span style="color:#FF0000">QDII</span></span>(適格国内機関投資家)を試行する方針を示したと伝わり、<br /><br />さらに香港市場へ資金が流入するとの期待が高まった事で証券セクターが大きく買い進まれました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />私も以前ツイートしていた通り、証券銘柄を次の狙いにしていたのですが、<br /><br />如何せんこのタイミングで売りたい銘柄が無く、<br /><br />そのため資金の目処が立たず、今回は見送りの形になってしまい、<br /><br /><span style="font-size:large;">大変悔しい思いがこみ上げてきています^^</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />それと言うのも、2007年の香港株バブル当時、一番上昇したのが証券セクターでした。<br /><br />この時の上昇は凄まじいものがありまして、銘柄によっては一気に10倍以上に上昇しています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />夢よ再びという思いがいつも私の心の隅に引っかかっていましたので、<br /><br />今回の証券株の動きについて行かなかった自分が少し情けなく思います。<br /><br /><br />その替わりに仕込んだ上海ETFも狙いは同じといえば同じなのですが、<br /><br />香港小型株の動きとは比べるまでもありません。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ですが、リスクを勘案して上海総合指数を選んだことは後悔していません。<br /><br />大きな(自分の中で)資金を投入していますので、<br /><br />何があるか分からない小型株に資金を集中していたら、<br /><br />毎日ヒヤヒヤして過ごす事になりますので<span style="color:#FF0000">(売買停止の危険がある)</span><br /><br />これはこれで良い選択をしたと考えています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ただQDIIも聞こえてきましたし、そのまま手をつけないのも後々後悔してしまうので、<br /><br />証券株は春節前後で大きく調整するようなら、<br /><br />ある程度持ち株を売って仕込んで見ようというスタンスにしたいと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />本日、中国本土市場が活況だった理由は、中国証券監督管理委員会CSRCの郭樹清主席が、<br /><br />外国人投資家の投資枠の拡大を示唆した事が主因です。<br /><br /><br /><br /><br /><br />現在は外国人投資家の投資割合は、中国A株市場全体の約1.6%となっているのですが、<br /><br />これを9倍に引き上げる事も出来ると会議で発言した事がニュースで流れ、<br /><br />中国本土市場への資金流入期待が高まり本土株は大きく上昇しています。<br /><br />所謂、QFIIというやつですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#00FF00">この、QFIIも実は証券セクターにとって大きなポジティブ要因になります</span></span>。<br /><br />かなりの。資金流入が伴いますので、証券会社の売買代金も膨らみ、<br /><br />業績が急回復する流れになります。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />今日の香港市場の証券株の急騰は、QDII.QFIIの両方に反応した動きで間違いないです。<br /><br />ただ、QFIIの方は真実味のある報道でしたが、QDIIの方は?マークで現実味がまだ薄いと思います。<br /><br />それは、香港市場の出来高を見ても現れています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />もし現実味のあるQDII報道でしたら出来高は軽く1000億香港ドルは超えているはずです。<br /><br />今日の出来高は先週の金曜日よりも低くなっていますし、香港市場参加者はQDIIについては、<br /><br />まだ眉唾と見ているはずです(私もその一人です)<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />何はともあれ、QDIIとQFIIの材料が出れば中国株市場がさらに注目される事は間違い有りません!<br /><br />今後もこのニュースは追いかけていきますので、<br /><br />何か新たな事が分かり次第、ブログに書きたいと思います。<br />
    Return to Pagetop