プロフィール

香港株商人

Author:香港株商人
中国株暦15年超の香港株商人です。

中国株投資で大きな資産を築きました。

中国株で「儲ける」事を主眼に置きブログで中国株の情報発信をしています。

★★★さらに詳細でリアルタイムな中国株限定情報をブロマガ発信していますのでブロマガも併せてお願いします★★★

Twitterでも情報発信しています。
こちらはブロマガ購読者様限定アカウントになります。


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

香港株商人twitter
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログは、投資助言を目的とした物ではありません。 当ブログは不特定多数の方への投資情報提供を目的としており、 投資顧問業者ではありません。 よって、個別の投資助言に該当する行為は一切行っておりませんので、 メール等での投資判断に関する個別回答は一切しておりません。 あくまでも私個人の見解から見た中国株情報をお伝えする目的のブログです。 投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものでは一切ありません。 投資商品や銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定については、 ご自身の判断で完全に行うようにお願いします。 当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、 その情報源の確実性を保証するものではありません。 当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、 当方は一切の責任を負いません。 投資判断は完全に自己責任の下で行ってください。
  
4776

《全て読めます!》一夜で景色変わる!も、既にカットしちゃってま~す♪    

中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。昨夜、23時頃のブロマガ読者限定ツイートになります↓香港株商人‏ @honnkonnkabu 8時間前 米株PF、今ならばと少し考え中。香港株商人‏ @honnkonnkabu 8時間前 cut off!成功♪香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前 米株も日本株と同じく、です。香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前 ドル円、111円台へ。香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前 一転空気が「オフ」方向へ。オフ直前、あ... <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/tumblr_llr0xnMkkt1qh0381o1_500_201703220746514f2.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/tumblr_llr0xnMkkt1qh0381o1_500_201703220746514f2.jpg" alt="tumblr_llr0xnMkkt1qh0381o1_500_201703220746514f2.jpg" border="0" width="468" height="621" /></a><br /><br /><br /><br /><br />中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。<br /><br />昨夜、23時頃の<u><a href="https://twitter.com/honnkonnkabu" target="_blank" title="ブロマガ読者限定ツイート">ブロマガ読者限定ツイート</a></u>になります↓<br /><br /><br /><br /><blockquote><p><span style="color:#0066FF">香港株商人‏ @honnkonnkabu 8時間前<br /><br /> 米株PF、今ならばと少し考え中。<br /><br /><br /><br />香港株商人‏ @honnkonnkabu 8時間前<br /><br /> cut off!<br /><br />成功♪<br /><br /><br />香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前<br /><br /> 米株も日本株と同じく、です。<br /><br /><br /><br />香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前<br /><br /> ドル円、111円台へ。<br /><br /><br /><br />香港株商人‏ @honnkonnkabu 7時間前<br /><br /> 一転空気が「オフ」方向へ。<br /><br />オフ直前、あのタイミングでそこを感じれたのは「場」に寄り添っていたから。<br /><br />イエ~ス!</span></p></blockquote><br /><br /><br /><br />という事で、昨夜米株が始まった後、<br /><br />まだ21日の日付の中、<strong>「オフる匂い」</strong>を感じ、上記行動を取った次第となります。<br /><br /><br /><br /><br />勿論、後出しでも何でも無く、リアルタイムに上記ツイートをしておりましたので、<br /><br />米国株を触っている方は、私の行動を参考にして頂けた事と思います。<br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/1_m_20170322074224be4.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-102-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/1_m_20170322074224be4.jpg" alt="1_m_20170322074224be4.jpg" border="0" width="560" height="373" /></a><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">「時は金なり」<br /></span><br /><br /><br /><br /><br />時は戻って来ませんので、しっかりと<span style="color:#0066FF"><span style="font-size:large;">「情報」</span></span>を活用して頂ければと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#009900"><span style="font-size:large;">PS</span><br /><br />ブロマガ読者限定Twitterの閲覧は、ブロマガ購読者様に限らせて頂いておりますので、<br /><br />閲覧希望の方は、ブロマガをご購読後、プログ内メールフォームからフォロー申請お願いします。<br /><br />確認が取れ次第、迅速に対応させて頂きます。</span><br /><br />
  
3319

また新たなショックが株式市場を襲う。

中国株・香港株投資家の皆様、また新たな「ショック!」が発生してしまいました。VWショック独フォルクスワーゲン社による排ガス規制検査の不正が発覚。VW社がそれについて認め、対象となるディーゼルエンジン搭載車両が全世界で1100万台に上るとし、その対策費用として、第三四半期に65億ユーロ(約8700億円)を特別損失計上すると発表。この問題が発覚した月曜日にVW株は18.6%の大幅下落。それでも欧州株式市場全体で見れ... 中国株・香港株投資家の皆様、また新たな<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「ショック!」</span></span>が発生してしまいました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:x-large;">VWショック<br /></span><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/0bd15c7d5b3ab6d66352adba47b51ab0.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-82-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/0bd15c7d5b3ab6d66352adba47b51ab0.jpg" alt="0bd15c7d5b3ab6d66352adba47b51ab0.jpg" border="0" width="202" height="158" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><blockquote><p><span style="color:#0000FF">独フォルクスワーゲン社による排ガス規制検査の不正が発覚。<br /><br />VW社がそれについて認め、対象となるディーゼルエンジン搭載車両が全世界で1100万台に上るとし、<br /><br />その対策費用として、第三四半期に65億ユーロ(約8700億円)を特別損失計上すると発表。</span></p></blockquote><br /><br /><br /><br /><br />この問題が発覚した月曜日にVW株は18.6%の大幅下落。<br /><br />それでも欧州株式市場全体で見れば影響は限定的で、<br /><br />月曜日の欧州株式市場は小反発で終えていました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />が1日が経ち、対象規模の大きさや巨額制裁金の可能性を見て株式市場は動揺。<br /><br />そして、この問題がVWだけに留まらず<span style="color:#FF0000">他自動車メーカーに広がる可能性</span>(※調査対象拡大)<br /><br />を見て欧州株式市場に留まらず、米国株式市場も下落。<br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">当然、フォルクスワーゲン株は連続下落となり、たった2日間で40%近い値を消す事になってしまいました。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">「おい、このタイミングでかよ。。」</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />世界の株式市場は首の皮一枚を残していたタイミングでこれですか。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">幸いにして個人的には日本株を手仕舞いしていましたし、<br /><br />米国株についても、<u><a href="https://twitter.com/honnkonnkabu" target="_blank" title="ブロマガツイッター">ブロマガツイッター</a></u>でお伝えした通りです。<br /><br />ですので連休明けの心配はする事は無いのですが、本日の中国・香港株が心配です。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />しかも本日は中国株式市場の<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「鬼門」</span></span>であるマークイット・財新PMI速報値発表が控えており、<br /><br />昨日とはうって変わって、手に汗握る緊張の1日となる事でしょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />本日の<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">PMI速報値結果、かなり重要</span></span>ですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />PMI速報値、元々重要な経済指標でしたが<br /><br />VWショックが加わった事で、更に重要度は増したと考えます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />もしここでPMIがコケル様な事になれば、自ずと<span style="color:#0000FF">香港株式市場<span style="font-size:x-large;">「も」</span>厳しい展開</span>が想定され、<br /><br />我々としても<span style="color:#0066FF"><span style="font-size:large;">迅速な判断が必要</span></span>という事になるでしょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />しかし、幸いにして本日はまだ連休中。<br /><br />仕事がお休みで、ザラ場動ける投資家の方が多いと思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0033FF">そこは逆に前向きに捉え、ザラ場の値動きを見れる事を利用出来ると考えるべき。<br /><br />勿論当中国株ブログでもザラ場を確認し、リアルタイムに判断をお伝えして行きたいと思います。</span><br /><br /><span style="color:#9900FF">※但しあくまでも投資判断は自己判断・自己責任でお願いします。</span><br /><br />
  
1663

残念「空振りに終わった米ロ会談」も実は利するのは・・・

昨日ロンドンで開催された、ケリー米国務長官とロシアのラブロフ外相の会談は、 6時間にも渡る長丁場となったのですが、 結局の所、打開策はお互い見出せずこのまま16日の 「クリミア自治共和国のロシアへの帰属をかけた住民投票」の結果を待って という何の進展も無い会談となってしまいました。 ロシアのプーチン大統領は、なにがあっても住民投票はやらせる腹積りですし、 アメリカはアメリカで.... 昨日ロンドンで開催された、ケリー米国務長官とロシアのラブロフ外相の会談は、<br /> <br /> 6時間にも渡る長丁場となったのですが、<br /> <br /> <span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">結局の所、打開策はお互い見出せず</span></span>このまま16日の<br /> <br /> <span style="font-size:large;"><span style="color:#006600">「クリミア自治共和国のロシアへの帰属をかけた住民投票」</span></span>の結果を待って<br /> <br /> という何の進展も無い会談となってしまいました。<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <span style="color:#0000FF">ロシアのプーチン大統領は、なにがあっても住民投票はやらせる腹積りですし、<br /> <br /> アメリカはアメリカで、その結果は国際法上受け入れられないと明言。<br /> </span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> ウクライナ・クリミアを巡る問題は、正に<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「米国VSロシア」</span></span>という、<br /> <br /> <span style="color:#FF0000">その昔長らく<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「冷戦状態」</span></span>にあった元世界NO2と現NO1の面子をかけた心理戦に入っています。<br /> </span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/84e929ab2d79f2946c7d3869e15ef294.jpeg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-65.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/84e929ab2d79f2946c7d3869e15ef294.jpeg" alt="84e929ab2d79f2946c7d3869e15ef294.jpeg" border="0" width="404" height="316" /></a><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <span style="color:#0000FF">これでは株は上がりようがありません。</span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <br /> 昨夜の欧米市場も結局下落基調は収まらず<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">「リスクオフ継続」</span></span><br /> <br /> <br /> <br /> <br /> そして<br /> <br /> <br /> <br /> <br /> <div class="fc2blomaga_buy_wrap"> <div class="fc2blomaga_buy_area"> <div class="fc2blomaga_message">続きはブロマガを購入して楽しもう!</div> <div class="fc2blomaga_submessage"> このコンテンツはブロマガ(有料)です。<br /> 購入すると続きをお楽しみいただけます。 </div> <a href="http://blog.fc2.com/contents/blomaga/" target="_blank" class="fc2blomaga_help_link">ブロマガって何?</a> <div class="fc2blomaga_buy_btn"> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga&from_eno=1663" class="fc2blomaga_buy_link"> <img src="//static.fc2.com/image/ja/blomaga/user/book_icon.png" width="28" height="22" alt="" class="book_icon" /> <span>ブロマガを購入する</span> </a> </div> <div class="fc2blomaga_login"> <a href="https://secure.id.fc2.com/index.php?done=blog&amp;jump=http%3A%2F%2Fhonnkonnkabu.blog.fc2.com%2Fblog-entry-1663.html&amp;jck=6105265ec99315f96d10f5d53dcf57b2d27acbe4" class="fc2blomaga_login_link">FC2 IDにログインして読む</a> <a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/?mode=blomaga_review&from_eno=1663" class="fc2blomaga_login_link" style="margin-left:16px;">レビューを見る</a> </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> </div>
  
1232

米、FOMC波乱無く終了。テーパリング無しも下落??

中国株投資家の皆様、おはようございます。昨夜のFOMC声明で、月額850億ドルの資産買い入れについて「当面継続する」とし、事前予測通り、テーパリングは先送りされた形になります。じゃ、米株はテーパリング無しを囃していつものように上昇!???「下落です。」序盤は様子見姿勢を強め膠着状態だったのですが、FOMC声明が伝わった途端に売り込まれる展開に。「あれ?」なんか、これまでの反応とは違うような・・・・・まぁそれ... 中国株投資家の皆様、おはようございます。<br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#9900FF"><br />昨夜のFOMC声明で、月額850億ドルの資産買い入れについて「当面継続する」とし、<br /><br />事前予測通り、テーパリングは先送りされた形になります。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />じゃ、<span style="color:#FF3300"><span style="font-size:large;">米株はテーパリング無しを囃していつものように上昇!???</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「下落です。」</span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/head.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/head.jpg" alt="head.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br />序盤は様子見姿勢を強め膠着状態だったのですが、<br /><br />FOMC声明が伝わった途端に売り込まれる展開に。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#006699"><span style="font-size:x-large;">「あれ?」<br /></span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#990000">なんか、これまでの反応とは違うような・・・・・<br /><br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />まぁそれもそのはずです。<br /><br />今回のFOMCは当ブログでは<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">ポイントに非ずとスルー</span></span>してきました。<br /><br />それは、既に市場が「緩和縮小先送り」を完全に予測していたためで、<br /><br />今回、実際に緩和縮小が先送られたからと言って、それを囃した買いは無くても当然。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#9900FF"><br />なぜなら、その部分は既に市場に織り込まれ、<br /><br />これまで米株は順調に買われていたからです。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />つまり、株式市場は材料を<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「先に織り込んでいた状態」</span></span>で昨夜のFOMCを迎えた訳ですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />これが、昨日緩和縮小を囃して米株が上昇しなかった大きな要因です。<br /><br />所謂<span style="color:#003399"><span style="font-size:x-large;">「セル・ザ・ルーマー」</span></span>ですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />細かくFOMC声明文を見れば、少し「タカ派」的な内容になったとか、<br /><br />言われていますが、ここを読む大きなポイントは別にあり、<br /><br /><span style="color:#0000FF">既に上昇した米国株を持ち上げる程の力は、<br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">緩和縮小先送りには無くなった</span></span>と市場が捉えたのかもしれません。<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#996600"><u>言い換えれば、今後の緩和縮小に市場が怯えだしたのかもしれません。<br /></u><br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />ここが今後の米国株市場の大きなポイントになってくるでしょう。<br /><br />テーパリング先送りが先に織り込まれていただけならば、<br /><br />今後も底堅い相場が続く可能性が見込まれるのですが、<br /><br />上記で書いたように<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">「テーパリング無し=好材料」としてのパワーが不足</span></span>してきたとしたら、<br /><br />今後の米国株式は頭の重い展開が予想されます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />昨夜の反応だけでは、そこは決め付ける事は出来ませんが、<br /><br />そのポイントを<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">注視する必要が出てきた</span></span>と感じました。<br />
  
1010

米緩和縮小はもう「飽き飽きだ!」

中国株投資家の皆様、おはようございます。昨夜のNY市場は米第2四半期GDP改定値結果が、事前コンセンサスの2.2%増を上回る、前期比2.5%増となり、速報値の1.7%増から上方修正されました。これ、中国株投資家の皆様はどう捉えられたでしょう?私は、今までの指標結果が良ければ株式市場は緩和縮小を懸念して弱含み、指標結果が悪ければ緩和縮小が遠のき株式市場が強含むような「イビツ」なフェーズの終わりを感じました。昨... 中国株投資家の皆様、おはようございます。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />昨夜のNY市場は米第2四半期GDP改定値結果が、<br /><br />事前コンセンサスの2.2%増を上回る、前期比2.5%増となり、<br /><br />速報値の1.7%増から上方修正されました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#9900FF">これ、中国株投資家の皆様はどう捉えられたでしょう?<br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />私は、今までの指標結果が良ければ株式市場は緩和縮小を懸念して弱含み、<br /><br />指標結果が悪ければ緩和縮小が遠のき株式市場が強含むような<span style="color:#3366FF"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#99FF99"><span style="color:#993366">「イビツ」</span></span></span></span><br /><br />なフェーズの終わりを感じました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#9900FF">昨日のNY市場は結局終盤売り込まれ「言って来い」となり、<br /><br />これまでと同じ感じの反応を見せているのですが今後は変化すると見ています。<br /><br /></span><br /><br /><br /><br /><br /><br />と言うのも昨夜、投資家の<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「飽き」</span></span>を強めに感じたからです。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/0844601266804788.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/0844601266804788.jpg" alt="0844601266804788.jpg" border="0" width="402" height="358" /></a><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />中国株投資家の皆様もお感じでは無いでしょうか、米国緩和終了開始議論への<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;"><span style="color:#990000">「飽き」</span><br /></span></span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />私は「秋」をきっかけにとは言いませんが、確かな<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「飽き」</span></span>を感じています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />つまり、昨夜<u><a href="https://twitter.com/honnkonnkabu" title="ツイッター">ツイッター</a></u>でこう呟いたのですが、<br /><br /><br /><span style="color:#9900FF"><blockquote><p><br />もう流石に緩和縮小は織り込むだろう。後は皆がそれを受容する時間が必要なだけ。<br /><br />9月のFOMCは儀式でしょうね。</p></blockquote></span><br /><br /><br /><br />これから先は17日18日開催のFOMCの結果が分かるまでに、<br /><br /><span style="color:#FF0000">我々投資家達が、年内の緩和縮小開始を<span style="font-size:x-large;">「受容する時間帯」</span>になり、<br /><br />結果が出る時までには<span style="font-size:x-large;">「緩和縮小開始を織り込む」</span>と見ています。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />つまり、<span style="color:#0000FF"><span style="font-size:x-large;">「噂で買って事実で売る」</span></span>の<span style="color:#FF00FF"><span style="font-size:x-large;">逆バージョン</span></span>と考えて良いと思っています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />ここまでもう<span style="color:#9900FF"><span style="font-size:large;">「噂」所か「飽く」</span></span>まで緩和縮小は議論され続けていますので、<br /><br />緩和縮小発表時<span style="color:#00FF00"><span style="font-size:x-large;">「事実で買う」</span></span>までは行かないかもしれませんが、<br /><br /><span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">「事実で売る」パターンは無い!</span></span>と思います。<br /><br /><br /><br /><br /><br />私はこの辺りの読みも含めて中国株投資を考えていますので、<br /><br />ご存知の様な<u><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/blog-entry-1009.html" title="「見解」">「見解」</a></u>をもって中国株投資を進めています。<br />
  
705

香港株商人、米株についてこんな事呟いてますの記録。

フォロワー少ないので好きな事呟いてるツイッターから、ここ数日私がフォーカスしている米株についてのツイートを抜粋してみました。その前に香港株商人、株については中国・日本・米国の3カ国に投資しているのですが、名前のとおり私、香港株の商人ですので主戦場は香港株(中国株)です。日本と米株は指数オンリーの投資です。個別まではとても頭が回りませんし、米国株も日本市場も上昇トレンドに乗っかった順張りほったらかし... フォロワー少ないので好きな事呟いてるツイッターから、<br /><br />ここ数日私がフォーカスしている米株についてのツイートを抜粋してみました。<br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/shot_1296875451.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/shot_1296875451.jpg" alt="shot_1296875451.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br />その前に香港株商人、株については中国・日本・米国の3カ国に投資しているのですが、<br /><br />名前のとおり私、香港株の商人ですので主戦場は香港株(中国株)です。<br /><br /><br /><br />日本と米株は指数オンリーの投資です。<br /><br />個別まではとても頭が回りませんし、<br /><br /><span style="color:#00FF00"><span style="color:#FF0000">米国株も日本市場も上昇トレンドに乗っかった順張りほったらかし投資です。</span></span><br /><br />簡単に言えばETFです。<br /><br /><br /><br /><br /><br />当ブログは<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">中国株に特化したブログ</span></span>ですので、他の話題は殆ど振れていません。<br /><br />ツイッターでは他の投資・投資外の事も呟いていますが、<br /><br /><span style="color:#FF0000">そろそろ鍵を掛けても良いかなと感じています。</span><br /><br /><br /><br /><br />実は今までもフォロワーになって下さった方のアカウントが、<br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;">いかにもな方</span></span>のフォローは外させて頂いていました(フォロワー数に興味はありませんので^^)<br /><br /><br /><br /><br />いつ鍵を閉めるかは気まぐれなのですが、<br /><br />鍵を閉める再に再度見直しをさせて頂こうかなと考えており、<br /><br />いかにもに近いアカウントで登録されている方は、<br /><br />通常使用されているアカウントで再フォロー願います。<br /><br /><br /><br /><span style="color:#0000FF">多分鍵を掛けてしまえば、もうフォローは基本的に受け付けないと思いますのでご了承下さい。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />では前置きはここまでにしまして、米国株についてのツイートの記録を転載します。<br /><br />特に注目して頂きたいツイートは<span style="color:#FF00FF">ピンク色</span>に染まっています^^<br /><br /><span style="color:#0000FF">注)ツイートは日付を見ていただければ分かると思いますが、<br /> 通常とは反対に上から下にタイムラインを流しています。</span><br /><br /><br /><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/shot_1296876211.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/shot_1296876211.jpg" alt="shot_1296876211.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">◇5月29日分ツイートより</span><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />投資家として注意すべきは中国でも日本でもなく、米国である。アメリカはもう頭と尻尾の尻尾しか残されてない可能性が高い。尻尾部の上昇は残されているでしょうが、私は今の高値で売って悠々とQE3打ち止めの世界を待つ。バーナンキ後の世界を。</span><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />年末までにはNY市場は荒れていると言う見方は不変。セルインメイでは無いが、米国株はもう打ち止め。<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />米国が9割消化しているとして、日本はまだ半分も来ていない。来年は米国のみ駄目になる可能性もある。但し売られ始めは皆同じショックは仕方ない。その後の反転は日本は早いでしょう。<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />簡単に言えば、米国売り、日本ホールド、中国ホールド。新規の場合、米国売られ始めたら空売り(今は駄目)、日本今の乱高下が終われば買い。中国、中途半端なので個別で対処するしかない。<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />アメリカは絶対で、米国の株が崩れたら全て売られると思い込んでる方が多いと思いますが、過去米国の株価のみ駄目だった時期は何度もあるのです。<br /><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />そういった意味で、QE3出口が意識され始めれば米国は天井打ち→各国の株価も売られる(世界同時株安)→米国株はずるずる売られるがある時点で世界の株式は米国からデカップリング(懐かしいでしょ)される。こんなシナリオ今の所みています。<br /><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />QE3出口もそうですが、バーナンキ後の世界の方が投資家的にはより意識しやすいポイントだと思います。QE3は徐々にですが、議長交代リスクは一気に来ますから。<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />バーナンキ後の方が優秀かどうかはその際関係ありません。それは市場が落ち着いた後の問題でしょう。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月29日<br />まぁ5月末の今、高値更新中の米国株売りだなんて言ってるのは私くらいのものでしょうが、良いんです。「売りです!」</span><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><span style="font-size:large;">◇5月30日分のツイートより</span><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />個人的には米国完全撤退完了。166ドル台で撤退はまずまず。</span><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />尻尾はあると思いますが、もう十分です。<br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />アメリカ市場は直近少し休み、年末までにもう一段上昇あるかも知れませんが、今後荒れると判断してますので、1年単位でお休みします。来年ドカッと下げればまた参入考えます。「休むも相場」入ります。</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />中国株も昨年夏までは「長期銘柄」以外はずっと「休むも相場」してました。休むのは得意分野なので上がろうが知らんぷりします^^米国ね。<br /><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />後になってみれば、セルインメイだったりして^^<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />つまりダラダラと長引くって事。<br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 5月30日<br />米国撤退は完璧なタイミングだったとおも~う、なんでもないような売りが~大切だったとおも~う♪<br /><br />    <br /><br />        <br /><br /><br />          <br /><span style="font-size:large;">◇5月31日分のツイートより</span><br /><br /><br /><br /><br /><br />香港株商人 ‏@honnkonnkabu 18時間<br />昨日のNY市場の上昇を強いと捉えたなら、私とは正反対の受け止め方ですし、今の香港市場が落ち着いた動きとしか見れないのも投資家としてはどうかな?と思います。<br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 13時間<br />来週はかなり危険な匂いするなぁ。</span><br /><br /><br /><br /><br /><span style="color:#FF00FF">香港株商人 ‏@honnkonnkabu 12時間<br />とにかくヤバイのは中国で無く「米国」</span><br /><a href="http://honnkonnkabu.blog.fc2.com/img/shot_1296876240.jpg/" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-43-origin.fc2.com/h/o/n/honnkonnkabu/shot_1296876240.jpg" alt="shot_1296876240.jpg" border="0" width="400" height="300" /></a><br />最後のツイートが31日香港市場終了時、日本時間の午後5時になっています。<br />
  
595

ECB利下げ!ネガティブインパクト回避!

先ほどECBが市場の予想通り0.25%引き下げ0.5%に。上限貸出金利は1.5%から1%に引き下げました。これでネガティブインパクトが回避され一安心で今夜は眠れそうです。この決定を受けて欧州株式市場は一旦上昇後それを吐き出しています。これは、ネガティブインパクトこそ無かったのですが、元々欧州経済の減速が進んだことにより利下げせざるを得なくなった訳ですので、利下げしたからといって欧州は単純にポジティブにはなりませ... 先ほどECBが市場の予想通り0.25%引き下げ0.5%に。<br /><br />上限貸出金利は1.5%から1%に引き下げました。<br /><br /><br /><br /><br /><br />これで<span style="color:#0000FF">ネガティブインパクト</span>が<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:x-large;">回避</span></span>され一安心で今夜は眠れそうです。<br /><br /><br /><br /><br /><br />この決定を受けて欧州株式市場は一旦上昇後それを吐き出しています。<br /><br />これは、<span style="color:#0000FF">ネガティブインパクト</span>こそ無かったのですが、<br /><br />元々欧州経済の減速が進んだことにより<span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">利下げせざるを得なくなった</span></span>訳ですので、<br /><br />利下げしたからといって欧州は<span style="color:#00FF00">単純にポジティブ</span>にはなりませんね。<br /><br /><br /><br />まぁ心配ない売りと見てます。<br /><br /><br /><br /><br /><br />ドル円は一気に円が売られていますね。<br /><br />日本市場はGWで3連休ですので惜しいタイミングですね。<br /><br /><br /><br /><br /><br />明日の中国株は落ち着いた展開になりそうです(香港)<br /><br />なにはともあれ、中国株投資家の皆様も安心されたのではないでしょうか。<br />
  
31

欧米市場のまとめ終了します。

中国株、香港株ブログに特化したいので、欧米市場のまとめは終了します。... <span style="color:#FF0000">中国株、香港株ブログに特化したいので、欧米市場のまとめは終了します。</span>
  
26

9月21日欧米市場のまとめ

9月21日、欧米市場のまとめ9指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率 NYダウ 13597.24 13647.10 13571.53 13579.47 -17.46 -0.13 S&P500 1460.34 1467.07 1459.51 1460.15 -0.11 -0.01 NASDAQ 3194.86 3196.93 3178.09 3179.96 4.00 0.13 CME225先物 9040.00 9090.00 9020.00 9035.00 -25.00 -0.28 FT100 ... 9月21日、欧米市場のまとめ<br /><br /><br /><br /><br />9指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率<br /><br /> NYダウ 13597.24 13647.10 13571.53 13579.47 -17.46 -0.13<br /><br /> S&P500 1460.34 1467.07 1459.51 1460.15 -0.11 -0.01<br /><br /> NASDAQ 3194.86 3196.93 3178.09 3179.96 4.00 0.13<br /><br /> CME225先物 9040.00 9090.00 9020.00 9035.00 -25.00 -0.28<br /><br /> FT100 5854.64 5887.57 5838.86 5852.62 -2.02 -0.04<br /><br /> DAX 7409.34 7478.53 7391.06 7451.62 62.13 0.84<br /><br /> 為替(ドル/円) 78.24 78.37 78.11 78.13 -0.11 -0.14<br /><br /> WTI先物 92.93 93.84 92.59 92.89 0.47 0.51<br /><br /> 金(Gold)先物 1770.20 1790.00 1769.10 1778.00 7.80 0.44<br /><br />LME銅 3カ月物 8354.50 8266.00 8281.50 11.50 0.14<br /><br />LMEアルミ 3カ月物 2128.00 2101.00 2116.00 6.00 0.28<br /><br />CRB指数 309.61 308.30 308.98 2.05 0.67<br /><br />バルチック海運指数 774.00 774.00 774.00 19.00 2.52<br /><br /><br /><br /><br />※21日のNY市場は小動き、スペイン救済に対する期待感があり底堅く推移。<br /> <br /> iPhone5が発売されたアップルは史上最高値更新。<br /><br /> 欧州はドイツ、フランス、が堅調。<br /> <br /> 救済期待の高まるスペインは大きく上昇しました。<br /><br /> 商品市場も小動き。<br /><br /> バルチック海運指数は、続伸中で予想通りの動き。
  
18

欧米市場のまとめ

9月20日、欧米市場のまとめ。 指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率 NYダウ 13575.17 13599.02 13503.00 13596.93 18.97 0.14 S&P500 1461.05 1461.23 1449.98 1460.26 -0.79 -0.05 NASDAQ 3166.84 3178.45 3156.46 3175.96 -6.66 -0.21 CME225先物 9135.00 9145.00 8975.00 9035.00 45.00 0.50 FT100 ... 9月20日、欧米市場のまとめ。<br /><br /> <br /><br />指標 寄値 高値 安値 終値 前日比 騰落率<br /><br /> NYダウ 13575.17 13599.02 13503.00 13596.93 18.97 0.14<br /><br /> S&P500 1461.05 1461.23 1449.98 1460.26 -0.79 -0.05<br /><br /> NASDAQ 3166.84 3178.45 3156.46 3175.96 -6.66 -0.21<br /><br /> CME225先物 9135.00 9145.00 8975.00 9035.00 45.00 0.50<br /><br /> FT100 5888.48 5888.48 5824.36 5854.64 -33.84 -0.58<br /><br /> DAX 7322.62 7390.46 7313.14 7389.49 -1.27 -0.02<br /><br /> 為替(ドル/円) 78.38 78.46 78.02 78.26 -0.12 -0.15<br /><br /> WTI先物 92.07 93.07 90.96 92.42 0.12 0.13<br /><br /> 金(Gold)先物 1772.40 1774.90 1757.70 1770.20 -1.50 -0.09<br /><br />LME銅 3カ月物 8358.00 8194.00 8270.00 -80.00 -0.96<br /><br />LMEアルミ 3カ月物 2139.75 2100.00 2110.00 -30.00 -1.40<br /><br />CRB指数 308.38 306.54 306.93 -1.48 -0.48<br /><br />バルチック海運指数 755.00 755.00 755.00 33.00 4.57<br /><br /><br /><br /><br />※NY市場はQE3を意識して底堅く推移しました。<br /><br /> ロンドン、ドイツはアジア市場の流れを変えられず弱含み。<br /><br /> ドル円、は動かず<br /><br /> 商品は、弱含みの展開。<br /><br /> 海運指数は続伸です。
    Return to Pagetop