プロフィール

香港株商人

Author:香港株商人
中国株暦20年の香港株商人です。

中国株投資で大きな資産を築きました。

中国株で「儲ける」事を主眼に置きブログで中国株の情報発信をしています。

★★★さらに詳細でリアルタイムな中国株限定情報をブロマガ発信していますのでブロマガも併せてお願いします★★★

Twitterでも情報発信しています。
こちらはブロマガ購読者様限定アカウントになります。


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

香港株商人twitter
サイト内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログは、投資助言を目的とした物ではありません。 当ブログは不特定多数の方への投資情報提供を目的としており、 投資顧問業者ではありません。 よって、個別の投資助言に該当する行為は一切行っておりませんので、 メール等での投資判断に関する個別回答は一切しておりません。 あくまでも私個人の見解から見た中国株情報をお伝えする目的のブログです。 投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものでは一切ありません。 投資商品や銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定については、 ご自身の判断で完全に行うようにお願いします。 当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、 その情報源の確実性を保証するものではありません。 当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、 当方は一切の責任を負いません。 投資判断は完全に自己責任の下で行ってください。
  
4895

止まらない利益拡大で「ゆるんでいる」今だからこそ、意識しておきたい事。









中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。







止まりませんね~、香港株式市場の上昇↑




1177456322367_pAthGckx_l_2017052907541044d.jpg




先週のハンセン指数は全営業日続伸↑

6営業日連続での上昇となり、年初来高値を悠々と更新♪





◇ハンセン指数チャート

無題





この香港株式市場の強い動きを想定し、

フルポジMAXで勝負してきた当中国株ブログとしては、

バチコーン!と見通しがハマり、先週も成果積み上げに大きく貢献♪






今年はここ数年とは異なり、株式市場のボラティリティが下がる。

つまり株式市場が安定化し、その分儲けやすい相場になると見ていた訳ですが、

ここまではズバリ!当中国株ブログの見通し・相場観がワーク。





儲けやすい相場となった訳で、当中国株ブログ読者の皆様は「ウハウハ♪」

前半戦を折り返せる事になった事と思います。






当然、私香港株商人も「当ブログ」見通しに沿って勝負をかけていたという事で、

その部分では、皆様と同じく「ウハウハ♪」な状態で前半戦を終えたという事になるのですが、

ここまでは既に「終わった話」






問題は、6月以降の後半戦という事で、

ここからは、前半戦に蓄えた利益をいかに減らさず、

出来れば、更なる積み上げもという所が、今年のパフォーマンスを決定する上でのキモ!





当然、結果に繋がるところになると考えております。







やはり、例年この季節からは「セル・イン・メイ」というアノマリーが囁かれる様に、

6月から先、初秋にかけて株式市場が緩む事が多く、

そこは株式投資家として、無視する事は出来ないと思っております。






足もとでは、トランプ大統領のロシアとの関係を巡る問題から、

「大統領弾劾」も、みたいな報道が出ていたり、

北の方向に目を向ければ、今朝も北朝鮮からミサイルが日本海に向けて発射され、

日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したりと、リスク要因には事欠かない状態。


※このミサイル発射については、ブロマガTwitterでツイートした通り、

 現在は、北朝鮮問題が投資家の心理的リスクを高める状況には無く、

 このミサイル落下は、週明け相場に特段の影響は与えないものと見ております。








また、世界的にテロの波が収まる兆しは無く、

ここでトランプ大統領が、地政学リスクを失地回復の術として使って来る可能性も否定出来ず、

2017年後半は、思わぬ紛争リスクが世界に広がる可能性も出てきたと考えております。






そんな中我々投資家とすれば、自らの投資資産を守るべく適切な行動をする必要があり、

現時点、未だ平時で株式市場も上値を追っている今だからこそ、

この後の投資戦略をしっかりと考え、そして市場の一歩先を進む。





これを意識する必要があろうかと考えます。






折しも西暦で見て末尾が7で終わる年は、大きな波乱が起こるとして、

ここ30年で見れば、


◆80年代 1987年ブラックマンデー

◆90年代 1997年アジア通貨危機

◆00年代 2007年パリバショック~リーマンショック




と投資家ならずとも知っている様な、大きな波乱が起こっており、

それを見れば、2010年代、7の年の波乱。






つまり、今年2017年を契機とした波乱が起こる可能性。






これは、相場が人間心理の総意で出来上がっているという事実から言えば、

あながち、幻想や絵空事として見逃すのは危険かもしれない。






と、負けない事を標榜する当中国株ブログとしては思ったりもするのです。






それを予兆させる動きなのかどうかは現時点では全く不明ですが、

先週末には、突如「バブル的な上昇」を続けていた仮想通貨群が一斉に売られ、

一時、パニック的な値動きとなりましたが、

過去の株式相場を振り返って見れば、株式市場が暴落となる前、

必ずと言って良い程、何か他のアセットがバブル的に弾けており、

そこがいずれ株式市場へ波及する。







株式市場を波乱に導く呼び水となっていた。







この様な流れも過去の歴史の上では見て取れる訳です。






今回、バブル的な熱狂相場が展開されている「ビットコイン」を主とした仮想通貨が

その株式市場の暴落を呼ぶ呼び水となるのかは不明ですが、

今あるリスクに目を瞑り、投資家が最高値を更新して行く株式市場に

前のめりになっている事は確かでしょう。






こんな状態の今だからこそ、

多くの投資家が利益を積み上げた今だからこそ、

何か考えなければならない事もあるかもしれません。






そこ、6月以降後半戦に向かう今、皆様に問うておきたいと思います。



記事が少しでも参考になった方、ブログランキング応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






0

Trackback

Trackback URL

人気過去記事リンク集
中国株で大きく儲けるには優良銘柄の長期投資!!

皆さん本当に中国株で儲かってますか?

バフェット in china BYD(01211)

中国株重要エントリー!CPIの考察&今後のCPI~政策運営の見通し。

最新版。香港株商人ポートフォリオ状況 vol1

続「李克強経済学・リコノミクス」中国経済の崩壊は無い!

重要!中国株「ペナルティBOX入りセクター」解除予告

必見エントリー!下げが続く中国株、情報の取捨選択は出来ていますか?

必見!中国企業驚きの「ブランド価値」貴方は見誤ってないですか?

中国株、投資は「買値がすべて!」そこに愛はありません。

アリババ・買いますか買いませんか?

絶対に買うべきでない中国株のセクターはコレだ!

QDIIと香港株商人が出来上がるまで。

AACテクノロジー(02018)

最新!BYD決算情報~中国株投資家の皆様どう見ます?

衝撃レーティング、BYD!

重要エントリー!!潮目の変わった中国株=見るべきPOINTは変化する!

中国株、旬な銘柄には旬がある、イメージだけでは選べない。

香港株商人 ストーリーのある長期投資銘柄 その1

中国株決算情報。テンセント(00700)に明日はある?

18.04.2013.h.10191.=∞

ブロマガ限定、真の世界的ブランドになる中国企業 Part II

続々と下方修正される中国GDPと中国株の考察。

必見!!中国株採るべき投資戦略&採るべきではない投資

必見!アノマリー(季節性)から見た中国株式市場。

POINT貯めるなら楽天
Return to Pagetop