プロフィール

香港株商人

Author:香港株商人
中国株暦20年の香港株商人です。

中国株投資で大きな資産を築きました。

中国株で「儲ける」事を主眼に置きブログで中国株の情報発信をしています。

★★★さらに詳細でリアルタイムな中国株限定情報をブロマガ発信していますのでブロマガも併せてお願いします★★★

Twitterでも情報発信しています。
こちらはブロマガ購読者様限定アカウントになります。


にほんブログ村 株ブログ 中国株へ

香港株商人twitter
サイト内検索
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログは、投資助言を目的とした物ではありません。 当ブログは不特定多数の方への投資情報提供を目的としており、 投資顧問業者ではありません。 よって、個別の投資助言に該当する行為は一切行っておりませんので、 メール等での投資判断に関する個別回答は一切しておりません。 あくまでも私個人の見解から見た中国株情報をお伝えする目的のブログです。 投資その他の行動を勧誘する目的で運営しているものでは一切ありません。 投資商品や銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定については、 ご自身の判断で完全に行うようにお願いします。 当ブログに掲載しているすべての情報・記事・データ等については、 その情報源の確実性を保証するものではありません。 当ブログの提供情報を利用することで被った被害については、 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、 当方は一切の責任を負いません。 投資判断は完全に自己責任の下で行ってください。
  
6278

【重要エントリー】中国経済改善に中国株相場は反応出来ず。ここでの捉え方、そしてここからの見方。









中国株・香港株投資家の皆様、おはようございます。




さて、香港株商人の華麗なるBYD買い^^ご覧頂きましたが、如何だったでしょう?




まだご覧頂けていない方は、以下のエントリーをご覧になり、

そのタイミングとその後の動きを確認して頂き、タイミングの妙をお感じになられる事で、

何らかの気付きに繋がるかもしれません。



【全部読めます】DJ香港株商人、俺が買えば上がる!の典型例。「BYD」編







と、前置きはこの位にして(※その程度です、当ブログではトレード~即上昇なんてのは)

昨日の中国株。




中国株相場を振り返ってみたいと思います。




昨日17日はキーポイント。

世の分かっていない方々も含めて、

中国経済の改善が周知されるであろう日として見立ててきた当中国株ブログですが、

実際に昨日17日に公表された、第1四半期GDP含む中国の統計内容は

すべからく事前予想を上回るものに↓




◆中国GDP(Q1) 前年同期比 +6.4% 前回+6.4% 事前予想+6.3%

◆鉱工業生産(3月) 前年同月比8.5%増  前回5.3%増  事前予想5.9%増

◆小売売上高(3月) 前年同月比8.7%増  前回8.2%増  事前予想8.4%増

◆固定資産投資(1-3月) 前年同期比6.3%増 前回6.1%増 事前予想6.3%増






多くが減速すると見ていた成長率についても、前期から後退せず↑

後退する事無く、6.4%という数値をキープ!




これは恐らく、多くの見立てを裏切る結果だったという事で、サプライズ!





サプライズな内容だったと考えます。

※鉱工業生産の上振れ度合いもサプライズでした。





※因みに当中国株ブログの事前見立てはこちら↓



The先出し!今週の注目POINT、考え方をお伝えしておきます。より一部抜粋


中国には今週注目の1日が。




そう、17日の木曜日に控える各種経済統計。

2019年第1四半期GDP含め、重要経済統計発表が控えており、

中国株投資家としてはそこを見据えておく必要。





中国株相場自体も、17日を見据え動いてくるだろうと思います。





そのQ1GDPですが、事前予想は6.3%成長と前期からマイナス0.1ポイントの鈍化を市場は予想。

その他、鉱工業生産・小売売上高・固定資産投資については、

いずれも前回を上回る値が想定されており、足もとの統計内容を鑑みれば恐らくは波乱は無し。




僅かに減速が見込まれるGDPについても、

6.3%と今年の成長率目標である6%~6.5%はクリアしており、その前後であれば問題無し。




仮に前回と同じ6.4%であれば、

市場は中国経済鈍化を織り込んでここまできておりますのでサプライズ!





その他の経済統計と併せ見て、中国経済減速シナリオが間違いであったのでは?






実は中国経済はもう底打っている!!






という機運が生まれる可能性もあるのが今週。










が、昨日の中国株・香港株式市場は特段の上昇とはならず。




無題




成長率減速無し、鉱工業生産大きく上振れ、

その他、小売売上高も固定資産投資も、中国経済の底打ち感を示す内容であったにも関わらず、

中国株の上昇は無し。。。






「あれっ、中国経済の改善って皆が知ってたの??」






と、首をひねる当中国株ブログ・・・・・







ワケねーし!


141613854851e30860c7_20190416132430600.png




いや、前日に既にそこについても、お伝えしておりましたので、

昨日の反応は想定の範囲内。





既に中国株は前日にそこを織り込んでいた。 ←前日の「謎の上昇」の答え





という、当中国株ブログで前日お伝えしていた所に合致↓


この中国株の上昇に意外感は無し。

もっと言えば、この急騰は恐らく「明日の統計内容が漏れたもの」と思われますので、

その部分でも、当中国株ブログで示していた所。


※本日人民銀行が4週間ぶりに資金供給した事も株価押し上げに効いたかもしれませんが、
 その額400億元と僅か。
 実際は、明日の統計内容がリークされたインサイダー上げだと見ております。






GDP他統計内容を見て、市場は「中国経済減速シナリオが間違いであったのでは?」






実は中国経済はもう底打っている!!






という機運が生まれる可能性もあるのが今週としておりましたが、

そのラインに沿った動きの様に見える。






というか、そうとしか見えない!!



141613854851e30860c7_20190416132430600.png




という所でありますので、そこの部分を見ている我々とすれば謎でも何でもない。

中国・香港市場は想定ラインの中を進んでいるという事で、

意外感なく受け止めて頂けている事と思います。





整合する動きだなと、見ていた次第。

つまり、前日の「謎上げ」は謎でも何でも無く、17日の統計内容を先取りしての上げ。




世の説明に多かった、僅か400億元ぽっちの資金供給を好感したものでは無く、

中国経済底打ち・改善を見ての上げであった。 ← ここをPOINTとしてお伝えしておりました





という所が、昨日の中国株の動きからも確認出来た次第。





ですので、昨日の意外に動かなかった中国株相場についても意外感は無し。

当中国株ブログとしては、その様に考え見ていた次第であります。




尚、昨日も人民銀行は金融コントロール。

貸出しオペやMLFを多用して、資金をコントロールしておりますが、



Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?


記事が少しでも参考になった方、ブログランキング応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 中国株へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






人気過去記事リンク集
中国株で大きく儲けるには優良銘柄の長期投資!!

皆さん本当に中国株で儲かってますか?

バフェット in china BYD(01211)

中国株重要エントリー!CPIの考察&今後のCPI~政策運営の見通し。

最新版。香港株商人ポートフォリオ状況 vol1

続「李克強経済学・リコノミクス」中国経済の崩壊は無い!

重要!中国株「ペナルティBOX入りセクター」解除予告

必見エントリー!下げが続く中国株、情報の取捨選択は出来ていますか?

必見!中国企業驚きの「ブランド価値」貴方は見誤ってないですか?

中国株、投資は「買値がすべて!」そこに愛はありません。

アリババ・買いますか買いませんか?

絶対に買うべきでない中国株のセクターはコレだ!

QDIIと香港株商人が出来上がるまで。

AACテクノロジー(02018)

最新!BYD決算情報~中国株投資家の皆様どう見ます?

衝撃レーティング、BYD!

重要エントリー!!潮目の変わった中国株=見るべきPOINTは変化する!

中国株、旬な銘柄には旬がある、イメージだけでは選べない。

香港株商人 ストーリーのある長期投資銘柄 その1

中国株決算情報。テンセント(00700)に明日はある?

18.04.2013.h.10191.=∞

ブロマガ限定、真の世界的ブランドになる中国企業 Part II

続々と下方修正される中国GDPと中国株の考察。

必見!!中国株採るべき投資戦略&採るべきではない投資

必見!アノマリー(季節性)から見た中国株式市場。

POINT貯めるなら楽天
Return to Pagetop